FXで最高のスタートになった2016年に待ち受けていた最大の落とし穴とは

FXの専業トレーダーとして迎える3年目の2016年。この年は自分のFXの中で最大の出来事が待ち受けていた。最大の壁、最大の難関。体に関しても難病を抱えて迎える一年間の悪戦苦闘の奮闘記です。

1月のFX収支

+4,496,020円【平均50万通貨】

1月4日から取引スタートとなったが、そこから8日連続20万円オーバー。最高のスタートと言っていい。難病を抱えた体のケアの為、この年から夜は12時までと決めるしかなかった。苦渋の決断だが、悪化するとFX所では無いので仕方が無い決断だった。

その中で、出来る範囲はやったと言いたいが、ほとんどの日で最後に少し沈む形で終わってしまっている。やめ時が悪すぎた。それだけでもゆうに50・60万円分は損をしている計算だ。終了時間を決めた取引での忙しなさが、終了時に如述に表れてしまった。

ただ月間の最高益には違いなく、年度初めとしては最高の形で迎えられた事は、出来る条件が絞られる中では、少しは自分をほめてやりたい。

2月のFX収支

+6,609,520円【平均50万通貨】

月間最高益更新。それほどに相場は荒れ狂っていた。動きさえあれば取れるスタンスだけに1日通して動いてくれたこの月に感謝だ。1日の最高益も144万円。1週間の最高益も400万円と、今までのFX人生の中でもリーマンショック時の動きとまでは行かないが、自分にとって良い動きになってくれた。

それでも反省点が無いわけではない。やはり終了時に結構な金額を負ける日が多かった。その合計は100万円以上。これはまずい形だ。相場の動きに比例するように雑さもましている状況だけに、こんな月の動きはほぼ無いので、慎重さを取り戻すことは急務だ。

3月のFX収支

+1,068,050円【平均50万通貨】

やはり前月の反動が来た、これは致し方が無い。動きが収まりつつある中では、この収益は致し方ないと割り切るが、最大損失の更新をした日がある。3月17日。急速に動いた状態を逆張りで、しかもナンピンしてさらにナンピンで一気に-50万円。バカの極み。

その後、何とか少しは取り戻したものの、結果-33万円。これさえ無ければ、目立って負けた日もなかったので悔やまれる。情けないがまだまだ状況によっては焦りからナンピンを仕掛けるあたり、初心者レベルの脱却は程遠そうだ。

4月のFX収支

+1,841,150円【平均50万通貨】

相場の動きもしっかり動き、しかも全ての日で勝ち逃げした。全ての日を負けず、その日の最高益のまま終了できた事は、前月の反省点を十分に活かせている。この形が一番理想形。日々の収益も今までのFX生活の中で安定的に統一した金額で最高の形となった。

迷いなく攻め時は攻め、待つ時は静かに待ち、休む時はしっかり休む。描く理想形を再現できた1ヶ月が実現できたことは大きい。

5月のFX収支

+177,650円【平均50万通貨】

例年おなじみの5月。やっぱりという感じ。なぜかこの月は例年同じように低ボラ相場が続く。それでも例年よりは少し動きもあったが、前月の感覚は少しおかしくなった。無理やり攻めたり、動かない相場を休まなかったり。最初の1週間で+24万円になっていたので、行けると思ったのが間違い。

相場はそれ程甘くなく、そこから3週間は勝ったり負けたりを繰り返し、結果1週間目の利益さえ減らすテイタラク…。何度同じ事を繰り返すのか。ただ、今年全体を見た時に切り替えはすぐ出来た。やはりメンタル要因は金額に比例する。

6月のFX収支

+1,922,250円【平均50万通貨】

しっかり前月の反省を生かした。1日も負けず、しかも2日間は狙いすまして休んでいる。見事に動かない2日間を休み、他で収益を取っている。4月に出来た事をすぐに修正出来た点は大きい。やはりFXはメンタルだ。自分を追い込む形のメンタルが続くと結果はついてこない。

FXの7割はメンタルだと思う。そんな事が思えるほど安定した日々が続く。夜の取引が出来ない事もある程度納得してきた。この形を維持できればと願うばかり。

7月のFX収支

+2,521,000円【平均50万通貨】

7月29日までは、前月と全く同じ状況で取引出来た。負けも一日あったが1万円程度。休みもしっかり1日選んでやり過ごし、最高の形で8月を迎えられると思っていたが、それは何の前触れも無く突如やってきた。

口座凍結

朝の時点では注文は通り、+18万円。しかし突如注文が通らない。その瞬間、『全て終わった』という感覚が襲う。メールを見ると

取引口座の解約について

なるメールが…。そこからは電話で1時間以上の押し問答。金曜日だったのでお金も次の週しか出せないとの事。今まで3年近く使っていて、一体今日の取引のどこが今までと違うのか説明してほしいと言ったが、もはや効く耳など持たない状況。

ここで完全に自分のFXがもがれたと思うには早いかもしれませんが、まともに使える口座はすでに3社ほど、その中でも自分にマッチした業者だったので、完全に思考がストップしてしまった。

8月のFX収支

+283,510円【平均25万通貨】

使える口座は当時最大10万通貨の所と後2社。しかし1社はスプレッドが開く傾向がひどすぎた。仕方が無いので10万通貨ともう一社で20万通貨程度を平行して使ったが、もはや前月の精神的ダメージは計り知れず、勝っても負けてもどうでもいい気分に支配される。

通貨数が落ちて相場もさほど良い状況では無かったが、もう専業と呼べるレベルの維持は自分の中で不可能だと思う気持ちが支配しているので、この月も全く思考停止状態が続く。

9月のFX収支

+239,060円【平均25万通貨】

10万通貨ではしんどいので25万通貨使える所で取引を絞る。しかし相場も自分も沈んだまま。FX以外の道を模索するのは時期尚早だと思うし、この時使っていた業者もかなりクセがあり、微妙に価格表示が先行し、チャートが遅行する。そのノイズは凄まじく、どうにもおかしな状況が続く。

まず、自分自身でそれを極める気もあるのかないのか?0円ではいけないと惰性で取引だけはする日々。海外口座?NDD?あらゆる検討もしたが、どこもマッチしにくい状況。というかすでにそんな検討は1年前からずっと行っている。

取引に集中できない日々がメンタルを悪化させ、比例するように体調も悪化。まさにFX業者のなすがまま振り回される形になってしまた。

10月のFX収支

+262,580円【平均25万通貨】

全く取引に身が入らない。25万通貨で26万円程度取っているのだから、100pipsは最低取れている。真剣にやりさえすればいいが、それも意図してやっているのか、惰性なのか…。専業開始時に並行していたデイトレードも全く開花せず。

もはや、気分だけが滅入る状態が3ヶ月続いている状態で、全く打開策が無い。

11月のFX収支

+1,385,990円【平均25万通貨】

何とか3ヶ月続いた自分自身のメンタル悪化も、相場が動き出したので、そちらに気分が行ったのか、取りあえずこの月は25万通貨ながら良くやった。それでもこれが毎月続く保証はすでにない。もはや現状は1億の資産などと言えるレベルでは無く、日々生き残る事に集中しているだけ。

取引すればするほど、今年前半だったら…。口座が使えていれば…。タラレバの繰り返し。それでも今は耐える期間と集中した取引の結果としては良かったのだろう。

12月のFX収支

+802,770円【平均25万通貨】

もはや、現状で50万円以上取れれば自分の中で、形にこだわる気持ちも失せた。ただただ出来る事をする。それをしながら日々、FXを含めて違う事も含め色々収益の形を真剣に考えだした。しかし、全く無から有を生む辛さは、自営を経験し15年以上一人で考え生きて来たのでよくわかる。

1年前の感情とは完全にかけ離れ、目標を見失ったまま1年を終える形は、いけないと思いつつ、これだ!という打開策が見つからない、その状態で取引しているので、やはりどこか真剣さが薄い。20日以降は全く触れず、完全休養とした。少し精神を整える期間にし、この年のFXは終了した。


前半と後半では完全に違う取引の2016年。口座凍結は専業になる前から気にはしていました。しかし、ここまで突如だとも思っていなかった。今までも口座の状況が勝ちながら悪意のある形になった事は経験していたので、多少の予兆はあると思っていたのが甘かった。

2017年はもはやこの段階で過去最低になるだろう。自分の取引が少しの事でこれだけブレがある事を改めて認識した。2017年はもはや0でもあきらめて、違う道なのかFXでデイトレードに完全変更するのか?まあ、10年近く才能の開花の無い形に希望は少ないが、取りあえず何かを模索する1年になる。

もはや今のトレードでは年間1千万円を超える事は不可能だ。ならば、出来る範囲に集中しながら、漠然とした何かを模索しなければならない、専業開始以来の最大の壁になる年になる。

スポンサーリンク