過去記事のリライトをしてPV数を改善し検索エンジンからのアクセスアップに繋げる方法

過去記事のリライト

ブログのアクセスアップを目指す上で1つの方法である過去記事のリライト。検索エンジンからのアクセス状況をアクセス解析で調べて、過去に書いた内容の濃い記事などがアクセスを生まず眠っている場合はリライトしてみるのも1つの手段です。

過去記事のリライトとは

ブログを始めて時間が経てば過去記事は必然的に増えて行きます。ここで、その記事は実際に検索エンジンからの訪問が有るのか無いのかをアクセス解析から調べ、有る状況であればPV数を増やし、ブログの全体的なアクセスアップの為に過去記事をリライト(書き直しや修正)を行います。

なぜリライトが必要かと言えば、今、そこにアクセスの道が出来ている状況で、その記事が仮に1人が1記事しか見ないで訪問が終わる場合や、その記事自体の滞在時間が短い場合は、

検索エンジンからの訪問でその記事の滞在時間やPV数アップに繋がっていないのであれば、その過去記事をリライト(書き直しや修正)することで、ページボリュームを増やすとともにアクセス改善の足掛かりとする

あくまで少ない人数でも検索エンジンからの訪問があると言うことは、何かのキーワードを検索窓に入力しそのブログへの訪問があったことを意味します。ここで1つのアクセスアップの可能性が発生しています。

その記事が凄いアクセスを生んでいるのであればリライトする必要は特にありません。ここでリライトするならばどのような状況なのか?。全て過去記事を無作為にリライトするよりも自分なりの基準を作っておくと便利です。

過去記事のリライトしたほうがいい状況

過去記事のリライトをする条件としては、

検索エンジンからの訪問が多くある記事では無く、検索エンジンからの訪問が少しある程度の記事を修正・訂正・加筆をする方が理想

すでにアクセスを生んでいる記事を訂正や修正を行えば、折角生んでいるアクセスを削る可能性もあります。検索エンジンがそれなりに評価している記事ならば、あえて修正や訂正は評価を下げる可能性もあるので、取りあえずそのままの方がいいと思います。

過去記事をリライトするのはあくまで、全く検索エンジンから訪問の無い記事は後回しで、検索エンジンからの訪問が少なからずあり、しかし、1日1~10人以下で留まっているような記事をリライトする方がいいでしょう。

仮にリライトして検索エンジンの評価が下がっても、それほどブログ全体のアクセスが減るわけではありません。記事をそのまま眠らせておいても多くの訪問者を得られない可能性は高いので、

定期的に過去記事をリライトする方が、検索エンジンの評価が下がる可能性よりも記事の質や内容が増え評価が上がる可能性の方が高い

元々アクセスを生んでいるとは言えない記事です。それを無駄に放っておくよりも、少しの改善で効果を高めれる可能性があるのであれば、放置しているのはもったいないケースもあります。

過去記事のリライトする時に注意したい事

過去記事をリライトするうえで、修正は注意が必要です。少なからず検索エンジンからの訪問があるならば、全く評価されていない訳ではありません。修正するうえでキーワードを全て消してしまうようなことは避けるべきです。

過去記事のリライトする時に注意したい事
  • その記事の検索キーワードになるような文言を文章から消すのはやめる
  • 基本的には文章自体の消去は辞めておく
  • 訂正するならば【del=del】のようにしてワードを残して訂正する
  • 加筆や訂正を基本として過去記事をリライトする
  • 記事の内容を繰り返す程度のリライトならばやらないほうがいい

簡単に言えば、

記事の内容を削除せず、加筆や訂正を加えるのが一般的で検索エンジンの評価が下がることが少ない

又、加筆や訂正・削除などの過去記事のリライトに加えて、

記事の内容に合うような他の記事のリンクなどを加えてみるのも有効的です。今の段階で微妙な評価の記事なのでプラス1ページが生まれればベストです

但し、過去記事をリライトするうえで、元々のページの内容を重複させる程度の内容を継ぎ足しても、読者にとってはダラダラした内容になってしまうので、基本的には、

過去記事に付け加えて記事の内容を充実できるような過去記事のリライトが理想

アクセスアップの為に無理やり過去記事をリライトしても、内容が同じや薄ければ逆効果であることも十分にあるのでその点は、リライトする記事の内容を自分で確認して無理のない程度の加筆や別記事へのリンクの付け足しがベストです。

また別記事へのリンクの付け足しについては、ブログの内容にもよりこれが1番いい方法と断言はできませんが、多すぎず少なすぎず、又、あまり記事内容からかけ離れた無駄に誘導するタイプではどうかとも思います。

このあたりは、各ブログの内容で色々模索する必要はあります。自分なりのアクセス解析などを用いて効果を確かめながら、別記事へのリンクの付け足しを行えば、新しい記事を書く時の役にも立ちます。

ちなみに当ブログで何度かリライトして少しずつ検索エンジンからの訪問が増えた記事は以下のものです。

過去記事のリライトを行うタイミング

過去記事のリライトを行うタイミングとしては、ブログ開始直後に行っても効果は実感できません。まだ検索エンジンからの訪問も無い状態では、判断基準も無い状況です。

ブログの更新頻度にもよるが過去記事のリライトを行うタイミングは50~100記事程度でブログ開始から3ヶ月程度の時点

これも断定は出来ませんし、ブログの更新頻度にもよります。ただ、ブログ開始当初では効果はわかりません。少なからず検索エンジンからの訪問が来はじめた時点で、その記事の検索エンジンからの訪問が少ないながら続くような過去記事があればリライトを考えて見るのもいいかもしれません。

このあたりもブログの内容や更新頻度で大きく変わると思います。内容的に日々統一した報告的な内容ならば、少しリライトしずらいケースもあります。又、1日1記事以上のハイペースな更新のブログならば、無作為なリライトは手間を増やすだけです。

あくまで自分である程度内容が濃く、最低でも3ヶ月以上のブログの期間を経て、一向に検索エンジンからの訪問が増えないならば、リライトしてみる一つの基準かもしれません。

検索エンジンからの訪問の無い記事のタイトルと内容を修正

ある程度内容が濃く作り込んだ記事なのに検索エンジンからの訪問が無い場合など、特にブログを始めたばかりでは多いと思います。検索キーワードの使い方による場合やブログの期間など時間的な問題もあり判断はまちまちかもしれません。しかし、

記事をアップして3ヶ月も一切、検索エンジンからのアクセスが無い場合は、使うキーワードがビックワードで競合サイトが多い場合や、完全なキーワードの選択ミスの場合もあります。

こんな状況の記事は思い切って記事のタイトルを見直し、さらに内容も削除も含め大幅に改善してみるのも1つのアクセスアップへの方法です。基本的には作り込んだ記事を優先的に直すのがいいと思います。言い方は悪いですが、

作り込んだ過去記事もアクセスが無いのでは宝の持ち腐れ。であればその記事を部分的削除を含みリライトして、さらに記事タイトルももう一度考え直して再アップしてみるのもアクセスアップの一つの手段

例えば検索エンジンからの訪問は0という記事でも、ブログ全体で見ればよくその記事は見られているのであれば、内容を修正せず記事タイトルだけの見直しでもいいと思います。どちらにせよ、作りこまれた記事ならば、再生させる方法も必要です。

1記事1日1アクセスの実現

私はアクセスアップを考える上で、1記事に対して毎日1アクセス検索エンジンからの訪問があれば、その記事は成功だと思います。この理論が成り立つような記事の作り方が出来ているならば、後は記事数を増やせばいいだけです。

極端な例かもしれませんが1日1万PV欲しいのであれば、1万記事書けば達成します。しかし、それは机上の空論で、作り上げた記事が毎日検索エンジンから1アクセス生むのは簡単なようで相当難しいものです。

長くブログを続けると、アクセスを生む記事と全く生まない記事が出てきます。例えば1つの記事は毎日検索エンジンから50アクセスあれども、他の49記事は0だとします。この場合、他の49記事は全く価値が無いかと言えばそうではありません。

検索エンジンからのアクセスが0の記事でもブログ全体の構成で役立つ記事はあり、その記事と他のアクセスを生んでいる記事を相殺的に考えてもいい

検索エンジンからの訪問が0の記事でも、全く見られない訳ではありません。アクセス解析で確認すると検索エンジンからの訪問が別記事に集中していても、そこからクロールされて見られている回数が多い記事はブログにとって必要な記事です。

そういう観点で見れば、無理に1記事1日1アクセスと考えなくとも、アクセスを生まない記事でもクロールされているならば、検索エンジンからのアクセスを生んでいる記事と相殺的に考えることは必要です。

全てを検索エンジンからの訪問でアクセスは成り立つわけでは無いので、ブログ全体を見て、どの記事にアクセスが集中してそこからどこへクロールして、最終的に記事数とアクセス数の関係を見ればいい

理想的には全ての記事が検索エンジンからの訪問が有る状況がベストですが、100%その状況を達成するのは無理です。総合的に見て記事数とその日のアクセス数を見ながら、自分のブログをどのように形成していくのかを考えることは大事です。

ブログの内容により異なるアクセスの形成

ブログの内容によっては、検索エンジンからの訪問よりもその他の『お気に入り』や『TwitterなどのSNS』や『ブログランキング』など多種多様なアクセス形態があります。これら以外に検索エンジンからの訪問があるわけです。

ブログによっては日記形式や日々の記録など、多種多様なブログの形態があります。お気に入りなどからの訪問が多い場合もあります。アクセスアップの正解が検索エンジンだけとは限りません。状況によれば検索エンジンが一番少ない場合もあります。

特にブログ開始当初はこの検索エンジンからの訪問は皆無と言っていいでしょう。その状況ならば、上記したような方法を使い、アクセスの入り口を広げ時間をかけながら、検索エンジンからの訪問が無い場合は過去記事のリライトを取り入れればいいだけです。

やはりアクセスアップを考える上で検索エンジンからの訪問が少ないのはもったいない状況です。ブログを開設してある程度の期間が過ぎているのであれば、SNSやお気に入りやブログランキングからだけの訪問に頼らず、リライトすることで可能性を広げるのはいいと思います。

過去記事のリライトで実際にPV数は増えるのか?

過去記事のリライトすれば実際にPV数は増えるのかという疑問もあると思います。答えは『わかりません』というか『やり方による』と言った方が正解かもしれません。前提として検索エンジンからの訪問が1記事1日1アクセスあったと仮定します。

その記事をリライトして1週間~1ヶ月の間でこれも仮定ですが1記事1日2アクセスになればそれは大正解では無いにしても正解です。リライトすれば絶対アクセスが増えると簡単に考えるのも問題です。

今現在、検索エンジンからの訪問が少ない状態であるならば、何もしなければアクセスは増えないことは変わりありません。ここで述べているのは過去記事のリライトをすればアクセスアップの可能性を広げるということです。

考え方次第で、面倒であるならばしなければいいだけです。そしてすでに検索エンジンからある程度のアクセスを生んでいるのであれば、そういった記事形成をしていくだけです。過去記事のリライトで必ず劇的な変化を生むとは言いません。しかし、

アクセスアップしたいと記事を乱発して、ブログを開設してすでに半年近く経った状態で検索エンジンからの訪問が無いのならば、やはり何処かが足りないのか検索キーワードの競合が多すぎるかです。

それならば、新たな記事を作ることも必要ですが、現状ある記事を再生してみることもアクセスアップへの大きな手段の1つです。自分なりにこういう工夫を積み重ねれば、見えてくる結論もあり、過去記事のリライトが成功すれば今後の記事にも活きます。

過去記事のリライトのまとめ

有効的な過去記事のリライトのまとめ
  • 検索エンジンの訪問が少なからずある記事に加筆や訂正や他の記事へのリンクを追加する
  • アイキャッチ画像などを上手く配置して記事の見栄えを整える
  • 全く検索エンジンからの訪問が無い記事でアクセスも無いならばタイトルを含め大幅な変更をしてみる
  • 記事内のキーワードを見直しそのワードを際立たせる
  • 過去記事のリライトと並行し記事全体の見易さなども再検討してみる
  • 訂正するならば【del=del】のようにしてワードを残して訂正する

ここで書いている内容が、絶対にアクセスアップ出来るということではありません。ただ、現状少しも検索エンジンからの訪問が無い場合は、それを放置しても増える可能性は限りなく0に近いのは事実です。

又、ブログを開始して3か月未満程度でまだ記事数も50以下の場合、検索エンジンから少ないながら訪問があればリライトも可能ですが、期間が短すぎて効果が分からない場合もあります。

私はこの記事を書いている時点でブログ開始4ヶ月近くの時点ですが、4ヶ月目に過去記事のリライトを行いました。では劇的な変化があったのかと言えば、

ブログ開設2ヶ月程度の時期よりも少し検索エンジンからの訪問も増えだした

あくまで劇的に増えたのでは無く穏やかに増えていると言った方が正解です。しかし、PV数には少なからず効果はあったと言えます。それは過去記事に加筆やリンクを付け加え、そこからそのリンクでプラス1ページとなっているケースは増えています。

過去記事のリライトで時期的な事も加わり、このブログ内の『FXの確定申告の方法』に関する記事7記事書きました。検索エンジンからの訪問は3記事に集中しています。では残り4つの記事は見られていないのか?

これは直接的に検索エンジンからの訪問は無いが、訪問がある3記事にリンクを繋げることで総合的にアクセスが増えたということです。ただ、残念ながら確定申告記事というのはある意味時事的なものです。過ぎれば必然的にアクセスは減少します。

しかし、全く何もしないより遙かに効果があったことは実感できました。よく過去記事のリライトでアクセスが倍になったとかの記事も見ますが私はあくまで、

過去記事のリライトはアクセスアップの1つの手段でそれを実感できる修正方法が自分なりに見つけられれば、記事の書き方の力がつき新しい記事の構成にも大いに役立つ

ブログのアクセスアップは1つの方法だけでは無しえません。ただ、こういう書いた記事は放置して、無作為に記事をアップしてもやはり効果は薄く、過去記事のリライトで検索エンジンの自分なりの評価のクセが少しでも見えれば、格段に記事の作成能力はあがると思います

にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ ☜今後のブログ運営と更新の励みに応援お願いします!

スポンサーリンク