NYダウ終値がリーマンショック以降史上最大の下げ幅で終了

やる気のないFX

ここではNYダウ終値が史上最大の下げ幅で終了した件と、前日のFXの取引についてのポイントとFXの収支報告及びメンタル状況についての内容になります。

NYダウ終値1175ドル安で一時下げ幅が1597ドル安

先週に続いてNYダウ終値が史上最大の下げ幅で終了しました。まあ、上がったら下がるこれは当然のことですが、あまりにもペースが速い。これで今日も下がれば相当、嫌な流れが出来そうですね。

NYダウ終値は1175ドル安で一時下げ幅が1597ドル安になり、この下げ幅は2008年のリーマンショックの時の776ドル安を上回り史上最大となりました。あの時ほどの混乱はなさそうですし、ある程度の調整であるようには思いますが、ちょっと極端ですし、この高値圏内で史上最大の下げ幅も何か印象は悪いですね。

これほど下がっても特段、インパクトに欠けているのは、やはり安定した上層相場が続いていたので、ある程度下がっても当然だという雰囲気でしょうね。リーマンショック時はFXでも凄まじい動きがありましたが、ダウが最大の下げ幅でもドル円の波及は1円の下落にもなりません。

しかし、こうやって『まあ大丈夫』と思ってポジションを放置する人が増えれば増えるほど、下落の加速が進めば持ちこたえられない世界です。今はこの下落の流れは歓迎したい所です。相場のボラティリティが上昇することはチャンスです。

この下落理由は前週末の米雇用統計を受けて広がったインフレ懸念をきっかけに、パニック売りが加速して大幅な下落に繋がっていると言うのが、色んな人の見解ですが、パニックと言うならばもっと雇用統計時に下落幅はあってもと思います。

まあ今日の日経平均は連れ安になるでしょうし、出来れば為替にも大きな影響が出てほしい所です。パニックになればなるほどボラティリティが上昇するということです。買って放置の思考で懲り固まった人が多いことを祈りたい所です。

下がっているなら売ればいい。FXなら当然の事です。この流れが今後どうなるかはわかりませんし、これがリーマンショック級と言えるかはまだ疑問が多いですが、この大きな波動が2月の金融市場の大きな波乱となってくれればいいと思います。

勝てばFXの限界が見え負ければメンタル悪化の空虚な取引に

まだまだ改善の見込みのない取引を午前中から繰り広げた。最近は初手を必ずと言っていいほど負ける。そしてチビチビと負けを繰り返し、9時から10時の下げにつられて-1万円程度まで負けを積み重ね、そこからチビチビ取り返して、昼前に-1,000円程度。

その後、夕方までドル円の低ボラティリティが顕著に表れた相場だったので無視。夕方1回取引して0円に戻した。2月に入ってこんな取引ばかりです。理由はしっかりしていて、こんな相場の動きは本来自分は全て無視する相場だということ。

それを無理に参戦しているので、勝率は上がることも無く50%をウロウロする。単純にやらなければいいだけの相場です。それをやはり素直に無視できない事が全ての原因でしょう。さっさと割り切っていればいいのに…。

その後、20時台に一度安値をつけに行ったドル円に、ちょこっと参戦して+6,000円。本来はここだけの勝負をすればいい所です。しかも、最近勝負して勝てていないせいか、やはり注文時に迷いがあり、得意な動きの相場でも取り切れない。

まあ、情けない取引状況です。ただ、今の相場の動きを続けるならば、2月の前半はしっかりFXの取引をあきらめて、取引しないほうがいいとも思います。専業5年目ですが、今の動きで大きく勝てた経験は0です。

そんな相場を敵意全開で迎え撃っても、壊滅したメンタルに追い打ちをかけるだけです。今は自分が思う風林火山の思考の『林』から『山』へ以降するほうが賢明です。それほどの低ボラティリティ相場と言えます。

今は無茶な取引をせず、ポイントを絞った形で生活費を稼げない状況をしっかり見つめるべき時です。FXがダメなら他というわけではありませんが、こういう相場状況でどこまで収益が落ちるのかは今後重要です。

喰えない現状を見つめるのはストレスがかかりますが、無理な取引は避けないと、今からのメンタル悪化はとても耐えられそうもないので、動きがでるまでじっと我慢が続きそうです。

朝起きれば109円台前半のドル円。5時過ぎに大きな動きがあったようですが、悪い流れの時は全て自分が相場に参戦していない状況で動きがあります。普段なら『あ~結構動いたんだ』と相場を見れるものが『なんでこの時間やねん』になります。

折角下落したのならば、少しは安定したボラティリティを提供してほしいですが、これも無用な希望的観測に終わりそうな気がします。

ドル円相場とFXの取引結果(2018年2月5日)

FXの取引結果(2018年2月5日)
利用通貨ペア ドル円 通貨数 17万通貨
FX取引口座 JFXJFXを選択した理由 FX基本手法 FX専業3年間で5,000万円稼いだ手法
FX収支金額 +6,120円 pips損益 +3.6pips
勝率 61.9%  その他
投資モード 風(攻め)・● 林(待つ)・〇 火(怒涛攻め)・● 山(休む)
FX年間収益 2013年以前2014年2015年2016年2017年
FX月間収益 1月

FX取引のメンタル状況(2018年2月5日)

もはやメンタルは壊滅しています。FXを開始してから最大のピンチと言ってもいいでしょう。もはや現状で改善の見込みは100%ありません。複合的にこういう形になっているので、何から改善するかも手がつけられない状態です。

ここ半年間、勝負して負けてのメンタル悪化では無く、相場に参戦出来ない苦痛の時間が永遠に続いている状況で、積もり積もった鬱積になっているので、1・2日の取引結果で左右されるものではありません。

抜け出せるレベルは相場の動き次第ですが、もしこれがあと半年続けば、もはやFX自体が壊滅しそうな気もします。自分と合わない相場に無理に参戦するのか、それとも風雪に耐えて動きを待つのか、それが永遠続きそうな感覚です。

FXのメンタル状況 疲れ果てるFX
メンタル状況 疲れ果てるFX
FXの達成感 ☆☆☆☆☆ 取引イライラ度 ★★★★★
冷静なトレード指数 ☆☆☆☆☆ メンタル疲労状況 ★★★★★

スポンサーリンク