動かぬドル円チャートを見るのも苦痛でしばらくFXを辞める決断も必要

FXからしばらく離れる

ドル円の低俗相場にもはや我慢は限界。FXをしばらくは主力とせずにバイナリーオプションを真剣に1週間ほど取り組み、結果が見いだせなければしばらくはバイナリーすら排除して、最終的にデイトレードしかないという状況に自分を追い込もうと思います。

低速相場極まれり

昨日はチャートを見たのは朝だけでした。もはやこの低俗相場を見続ける意味はありません。今日は雇用統計ですがそれもどうでもいい。ここまで動き続けないドル円相場にもはや我慢は限界に達してそれを通り超えている状態です。

雇用統計後少しは参戦するかもしれませんが、今日ももうチャートすら見る気はありません。状況によれば4月はもうFXをしない可能性もあります。こんなクダラナイ相場を見続けられるメンタル状態ではありません。

FXを離れてしばらくはバイナリーオプションなり何か他のことに集中しようと思います。これ以上時間を無駄に使うことに疲れ果てました。

通貨ペアを変更して取引をする気は無い

ドル円が無理なら他の通貨ペアとも考えましたが、それも結局、自分のスキャルピングではどの通貨ペアでも今の動きでは通用しません。ならば無駄にメンタルを削るのならば、今はFXから離れるべきだと思います。

チャートはチラ見する程度で、バイナリーオプションでチマチマ取引している方が気がまぎれそうです。また、それが無理ならばブログの改善でもしながらひたすらFXは動きが出るまで無視の方がよさそうです。

以前、少しブログで書きましたが、FXに特化しすぎるブログなので、FXの取引が極端に少ない日は、別の記事、特にブログのアクセスアップなどを中心にしながら、色々な内容を増やすほうが今は気が紛れてよさそうです。

長期化するドル円相場のボラティリティの低下状況ならばFXを一旦辞める決断も必要か

今年初めから、それなりにFXを新たな気持ちで行おうとしましたが、もはや気持ちだけが先行している状態で、一向に相場の動きは回復しません。もう待つ状態の限界はとうに超えています。6月が限界だと言いましたが、もうこれ以上無駄でしょう。

しばらくFXから完全に撤退して、バイナリーオプションなど他の形を模索したほうが時間が有効利用できそうです。それは勝つ為と言うよりも、選択肢を排除する作業に近いかもしれません。

自分の理想はFXのデイトレードにありますが、今すでにチャートを見るだけでブチ切れそうな衝動だけにFXでの取引は危険です。ならば元本10万円程度のバイナリーオプションならば、1週間ほど集中してそちらを負けるのならば排除対象にして置き選択肢を無くしたいと思います。

どうせ1つにしか集中力を発揮できないならば、今はとてもFXに発揮できる状態ではありません。ならば、今後あれこれ考えることが出来ないために選択肢を絞れるように先にバイナリーオプションだけに集中し、結果はその後考えます。

デイトレードしか出来ない状態をあえて作り出す

今、どうしてもスキャルピングにFXは頼ってしまう自分が打ち消せません。それならば選択肢がデイトレードでしか生きられないと思い込めるほどに、他の自分の考える投資を潰してしまった方が考えは1つに絞られそうです。

仮に他の投資で真剣に取引して勝つなら良し、負けるならば当面その選択肢は排除していけば、おのずとデイトレードが背水の陣をとらなければならないような状態に追い込めます。今は選択肢を広げて意識が散漫になっています。

それならば1つずつぶち壊して言った方が、ある意味クリーンに物事を受け入れられそうです。ある意味ショック療法でしょうが、今は何もせずボケっとすることを否定しているならば、少ない金額で1つずつ潰した方が良さそうです。

もう週末なので来週からはドル円相場が動かないのであれば、FXは一旦辞めて同じチャートをバイナリーオプションの取引で見つめる時間に変更しようと思います。チャートは同じなので動きがあればFXに切り替えればいいだけです。

ただ今までのように並行する取引では無く集中力を全開でバイナリーに使ってみたいと思います。その結果がどうであれ、取りあえず今は何かをしてみようと思います。ほとんどイラダチ紛れで本当は良くはないのでしょうけれども。

にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ ☜今後のブログ運営と更新の励みに応援お願いします!
FXの取引結果(2018年4月5日)
利用通貨ペア ドル円 通貨数 19万通貨
FX取引口座 JFXJFXを選択した理由 FX基本手法 FX専業3年間で5,000万円稼いだ手法
FX収支金額 -円 pips損益 -pips
勝率 -%  その他
投資モード 風(攻め)・〇 林(待つ)・〇 火(怒涛攻め)・● 山(休む)
FX年間収益 2013年以前2014年2015年2016年2017年
FX月間収益 1月2月3月

スポンサーリンク