FXの復調の兆しも無い専業トレーダーの泣き言のFX月間収支報告

FX月間収支報告

2018年1月のFXの月間収支報告です。1月のFXの反省点を踏まえ次月へのFXの展望と、今の自分のFXのメンタル的な状況などを総合的に自分なりに分析したいと思います。

FX月間収支(2018年1月)

2018年1月のFX月間収支です。

日付 収益 pips 勝率 通貨数 日々の収益結果記事
1月2日 +1,800円 +1.0pips 100% 18万通貨
1月3日
1月4日
1月5日
1月8日
1月9日
1月10日 +28,260円 +15.7pips 62.5% 18万通貨
1月11日
1月12日
1月15日 +1,900円 +1.1pips 100% 18万通貨
1月16日 +9,540円 +5.3pips 60.0% 18万通貨
1月17日 +66,240円 +36.8pips 76.7% 18万通貨
1月18日 +360円 +0.2pips 100% 18万通貨
1月19日
1月22日 +4,060円 +2.3pips 68.2% 18万通貨
1月23日 +23,800円 +13.2pips 54.1% 18万通貨
1月24日 +25,160円 +14.0pips 55.6% 18万通貨
1月25日 -12,750円 -7.5pips 57.4% 17万通貨
1月26日 +99,622円 +58.6pips 74.6% 17万通貨 FXの日々の収益の詳細はコチラ
1月29日 +2,890円 +1.7pips 71.4% 17万通貨 FXの日々の収益の詳細はコチラ
1月30日 +12,070円 +7.1pips 62.2% 17万通貨 FXの日々の収益の詳細はコチラ
1月31日 -27,880円 -16.4pips 41.7% 17万通貨 FXの日々の収益の詳細はコチラ
合計 +235,072円  133pips  63.4% 17.5万通貨

FX月間取引の反省(2018年1月)

上記の月間収支でもわかるように、1月前半はもはや取引すらしていない状態です。去年の12月に至ってはほとんど取引をしていないので、11月中頃から見ても概ね2ヶ月はFXをしていない期間と言ってもいいと思います。

本来、50万通貨で取引出来ていれば概ねこの3倍なので60万円程度になる計算で、最低限の生活費はクリアですが、現状は17万通貨です。以前と同じことをしていても金額は追い付きません。それでいて、

2014年の1月から2017年の2月まで私はFXをしなかった期間は年間の平均でも10日間もない

と思います。そこからしても現状の取引日数は異常と言ってもいいレベルです。それほどに自分には今のドル円の動きは合いません。

変動幅というよりもドル円のボラティリティが低すぎると言った方が正解です

そこに加えて通貨数ダウンが取引を重ねないと収益が伸びないので、今までで行わない取引も多く、それがさらに自分の感覚を潰していると思います。

本来1日3・4回の自分の取引しやすいポイントを絞って取引するスタンスです。動かない相場は全てパスのはずですが、1月中頃より無理やり取引を開始した状況が見て取れます。ハッキリ言って低レベルな取引です。

自分が掲げる風林火山の思想は半減どころか10%程度と言ってもいいと思います。ここまで崩れたメンタルと投資スタイルでもマイナスにならないことだけが救いです。

FX専業開始から月間でマイナスになることは1度もない。逆を言えば月間のFX取引がマイナスになるようであれば完全に崩れ始める

これは自分が思うFXの大切な事の70%はメンタルだと思う点が全て崩れ去っても、残った資金管理能力だけが作動していると言ってもいい状況です。というかここ1年間は全てこの資金管理能力だけと言ってもいいでしょう。

FXを復調が無理だと思ってしまっている

現状の自分ではFXの復調は無理でしょう。まず

FXの復調が簡単でない理由
  • 利用通貨数の違いからくるやる気の無さが取引を支配してしまっている
  • 1年半の自問自答の繰り返しでメンタルが壊滅している
  • FXでの目標が完全に消失して集中力が高まらない
  • FXの他に色々やり過ぎて集中力が散漫すぎる
  • 仮に1ヶ月勝っても来月勝てるという強い気持ちの自分が無くなっている
  • ドル円の動きが自分の取りやすい相場を100とすれば30程度もない
  • FXを取り組める体調が専業開始時より格段に低下している
  • 復調が無理だと自分で決めている

これらの点でほぼすぐのFXの復調は難しいでしょう。1番の理由はドル円の低ボラティリティがすでに1年近いという点です。後は自分のその理由からくる後付け理論なのかもしれません。ようは、

FXで取引をしてキッチリ負けて自分がFXの才能が無いと完全に諦められる負け方をしたい

これが1番大きなことなのかもしれません。

FXで取引をして負ければ他の投資を模索したい

FXで取引して決定的に負ければ、ある意味スッキリすると思います。しかし、この1年半で概ね600万円程度の収益ですが、これは勝負しての数字なのかと言えばそうではないというのが、一番自分をいら立たせています。

単純に勝負も何も取引出来る自分の得意な相場がほぼ無い状態が続いている

以前、私は一度FXを辞めています。それはこれよりもひどい状況でやれどもやれども元本のままが続いた期間があり一旦FXを撤退しましたが、今は別に負けているわけではありません。少ないながらもポイントは絞って取引はしています。

しかし、余りにその時間が長いことと、通貨数が1/3になったことで、完全に自分で自分を追い込んでしまっている状況です。2年程度0円でも余力はあると思いますが、それでも何かと自分を追い込みます。こういう性格が自分の難病も生み出していると言ってもいいでしょう。

やれば負けやすいならユックリ休む。それが簡単に選べない性格がかえって負のループを長くしてしまっている状況です。だから例え1日大きくとっても何も解決に至りません。こんなループを1年半も繰り広げるのはある意味尊敬します。

FXに対する無用な固執には一旦区切りがついた

この1年半にはこれだけではなく大元の事象から始まっています。この事からは一旦心の区切りはついたように感じます。もはや残すFX口座に無用な心配をするのも辞める事にします。徹底的にやってどうなろうが知らない。そういう気持ちにはなりました。

但し、やはり出来る限界数値としては20万通貨程度だろうとは思います。ここで現状出来ることをやり切る気持ちは1月の末でしっかり出来ています。そういう意味ではメンタル壊滅時期を少しは脱出できたような気もします。

2月の相場がどのようになるのか。専業開始から5年目に突入しましたが、例年3月から6月はなぜか停滞します。そういったことも変に自分を苦しめてしまいますが、なるべく何も考えないようにしてどれだけ相場に向き合えるかがポイントです。

FX月間取引のまとめ

こんな程度のFXの収益を大々的にブログで恥ずかしくてアップしたくもありません

しかし、当初はアップする予定ではありませんでしたが、1月後半からアップしようと決めました。それもメイン口座では1円の狂いも無く。

それには自分のこのブログの趣旨が単純な収益目的ではないということを意味しています。さらにFXの取引とこのブログは密接に繋がる可能性もあります

今はその可能性を高めてFXをより良い形に出来るかをブログをアクセスアップさせることで試したいと思っています。

以前FXブログを何となく辞めました。しかし、それは今となれば辞めるべきでは無かったと思うようになりました。特段収益のあるブログではありませんでした。問題は収益では無く、発信力を強めていることにあるように思います。少し意味がわからないとは思いますが、

私はブログで収益を得たいわけではなくブログをアクセスアップさせてFXを続けられるようにする

なのでFXの時間を1番に捉えその他は当面ブログの時間に当ててもいいと思っています。そうしながらなるべく最低限のFXの収益を確保できるように2月はしていきたいと思います。

まだまだ通貨数1/3という状況は無しにしても日々の獲得pips平均が10pipsにも届いていません。最低でもこのレベルを出来ない限りFXの復調は見えませんが、相場の動き如何では2月は集中力を持って攻め切ってみたいと思います。

スポンサーリンク