FX・BOで注文を迷わず行う事を風林火山の風にあてはめる

2018年1月15日

FXやバイナリーオプションでの注文時の迷い・躊躇い。負ければどうしよう?勝てるのだろうか?注文時の感情でこんな状況は誰しも感じるものです。ここでは風林火山の風にあてはめ、戸惑う心を行動につなげるのかについて考えて見たいと思います。

FX・BOの注文時のためらい・迷いは要注意

FXでは注文する時に『躊躇・迷い・戸惑い』は誰しも経験すると思います。何のためらいもなく、感情も表に出さず、注文できるのは理想形です。注文スタイルにより取引する位置はまちまち、損切りの設定幅もまちまちですが、注文する時に『躊躇・迷い・戸惑い』があるというのは、

FXで注文する時に自信が無い・相場に疑心暗鬼になっている

状態である事は確かです。自信に満ち溢れてているなら、注文は簡単でしょう。但し、その注文に至るまでの勝ち負け、勝たねばならぬという相場無視の自分の感情の押しつけ、その他あらゆる状況により、人はどうしても『躊躇・迷い・戸惑い』が出てきてしまいます。

FX取引をためらう状況

FXやバイナリーオプションの注文時にどうしても出てくる心理的な状況としては

FX・BOで起こる注文時の迷いや戸惑い
  • 自分の注文と逆へ行ったらと思う恐怖心
  • 買ったら下がる、売ったら上がると思う相場への疑心暗鬼
  • すでに負けの連続で、これ以上負けたくないが勝たねばと思う願望
  • 何度も同じ位置での注文を繰り返し、負けてしまい、次も負けると思うネガティブな考え
  • 勝っていても、これより収益を減らしたくないが、少しでも増やしておきたいと思う自問自答の繰り返し
  • 他人の無駄な情報を信じているがゆえに、その人と逆の注文になる事へのためらい

等、注文を戸惑い・迷う状況は、その人が置かれている生活環境、性格の違いなど多々あるわけです。また一番大きな感情の変化に伴うものは、余剰資金の大小です。これによっても人それぞれで大きく感情は異なってきます。

ためらってしまう時間に自分が思っている方向に相場が動き始めた時に、どうしても人は『あ~あぁ』とため息をつくか、『ホラやっぱりな~』と悔しがるか、『これ以上遅れて入っては?』と思い無理やり追っかけ売り買いをしてしまったりしてしまいます。

まだ、注文せずウダウダ言っている分には損失は出ませんが、無理やり追いかけ、そこで反転されて、更に冷静に注文していないだけに、損切りに対しては想定していなく、頭が???になってしまい、最大の損失になった時初めて、損切りしてみたりするケースが出てきます。これは、すべて、

注文時のためらいからくる、判断の遅さ

から招いてしまっていて、自分の最初に注文しようと思った時点なら、反転しても大きな損失を出さず損切りを考えられる時間も取れていたのに、判断が遅れれば遅れるほど、負けた時の対処は、それに比例して遅くなってしまうわけです。

注文をためらう位なら、取引しない方がいい

でも、注文すれば勝てていたかもしれないじゃないか?。それは結果論です。いかに自分の判断遅れで注文して勝ったとしても、それが、出遅れている事を自分で理解していて、それに伴う損切りも、しっかり判断出来るのであればいいですが、ほとんどが、冷静さもなく、相場に引きずられている形のケースが多いので、

損切りまで頭が回っていないケースが多い

何回か勝てたとしても、あるケースで同じことをして、瞬時に反転され、更に加速した時に、完全に頭が真っ白になってしまったりします。であれば、やはりためらう位なら、注文はしない方が安全であると思います。逆に言うと、自分で注文すると決めたなら、迷わず行う方が、後を考えても安全である確率が多いと思います。

其疾如風

いざ、決戦と決断したのなら、あらぬ迷いは禁物、攻めるのであれば、疾風の如く素早く攻めかかる。決断に迷いがあれば、その足並みは乱れ、あらぬ敗北を受けてしまいます。自陣の意思統一が成り、同じ目的のもと、足並みがそろって迷いなく疾風のごとく攻める軍と、迷いがあり動きも鈍い軍とでは、その差は一目瞭然です。

其疾如風:その疾(はや)きこと風の如く
(攻めるべき時には風のようにすみやかに襲いかかる。)

FXも注文する時の『迷い』は多々ありますが、いざ、注文という時に『不安感』や『疑心暗鬼』を抱えたままで、攻めると手痛いしっぺ返しを受ける事もあります。タイミングを逸し、後悔するのならば

注文を決断したのであれば、迷わず、素早く行動するべき
そして更に、その後の損切りも素早く行える状況に力を費やすべき

出遅れた、注文で、頭がパニック状態では、損切りは更に遅れます。

注文時の『迷いが』そのまま損切りにも移行する危険性を高める

注文する時の迷いは誰しもが経験します。そして、必ずつきまといます。特に負けが続くと誰しも、自分と相場に、個人差はあれど疑心暗鬼や自問自答の繰り返しに陥ります。FXを続ける限り、この状態は永遠に繰り広げられると言ってもいいと思います。

迷わず注文を出来るようにする為に

100回注文して100回ともに『迷わず注文を入れる』事が出来るのは、勝ち続けていない限り、ほぼ不可能でしょう。しかし、100回は無理でも、それに近い状態に自分で経験・精査する事で、近づく事は可能だと思います。

FX・BOの経験・精査から注文時の迷いを少なくする
  • 静から動への自分なりのバランスの工夫
  • 調子が悪くなった時には、迷わず取引を休む決断能力
  • 回数をこなす事による経験からの迷いの払拭
  • 負けが続き相場が動いているのならば一旦、頭の中でデモ取引を行い、その疑似注文で勝てる状況になるまで注文ポイントを引き延ばす

などを自分なりに精査していけば、迷いが少ない自分の注文しやすいポイントの発見や、自分なりの勝ち負けのポイントを分析し、その上経験を重ねて行けば、自然に自分なりの勝率の高い相場状況での参戦へシフトするようになってくるものです。そうなれば『迷い・戸惑い・躊躇』の回数も減っていく事に繋がります。

その疾(はや)きこと風の如く

なんでもかんでも素早く決断し、やみくもに注文を繰り返す事では無く、『注文する』と決めたのなら、素早く決断し行動を開始して、その後の勝ち負けの精査を早く行える状態を作り、更にその勝ち負けを自分の経験値に変えバックボーンとし、注文時の迷いの払拭の材料に変換しする。

素早い決断と行動を取り、そして最終的には勝負所の嗅覚を向上させていければ、そうそう簡単に負けが続くことも無い状況を、早い決断・行動能力の向上から作り上げられる確率が増えて行きます。

迷わず注文しろと簡単に言うけれど

ここまで書いたように言うのは簡単です。しかし、この決断力の速さは云わば負けない為には必要な条件です。大きな余剰資金を持っている人なら迷いも少ないでしょう。

ただ負けが続いて余剰資金を減らしている状況では冷静な判断が出来ない人が多いですし、相場の動きと関係せず取引せねばという感情が先にくるのも分かります。私は少ない元本から専業で背水の陣で取引したので一番わかります。

しかし、この決断の躊躇・迷い・戸惑いは絶対に回避すべきです。その状況が払拭できないのであれば、絶対に取引を辞めておく事です。私は専業であるが故の苦しみで、動かない相場では気が急き、無理にでも自分の勝ちやすい相場まで待てない状況になる事が多いです。

そういう感情の積み重ねが続いた後、相場が動き出していざ攻める時に負けが続くと、実際に決断が鈍くなり、果ては取引が怖くなる事もあります。待つ事も攻める事も出来ない悪循環です。

相場の事は相場に聞け

いくら相場の動きが自分にとって不合理でも、正しいのは今の相場の動きです。それはどんな生活環境・性格・投資の余剰資金の大小の違いがあれど同じです。残念ですが、金持ちだろうが貧乏だろうが、相場の動きだけが真実です。

ならばこれを胸に刻み、休む時は休み、いざ攻める相場がきたならば、その時に躊躇・迷い・戸惑いが無い状況で相場に迎えるように常に風となって攻めれる心境で日々を送れるようにしてみたいものです。

風林火山FXの風の章まとめ

注文時の迷いや戸惑いは、負けからだけ来るものではありません。長く相場を休んだ場合や相場の動き出すタイミングを長く待っていた場合、今までのテンポでは注文が出来なくなる時があります。

動かない相場では待つ・休むを選択することは最終的なFXでの生き残る確率を上げます。ただ、感覚は人により誤差もあるでしょうが、段々と鈍っていくものです。長く相場を休んでいるといざ勝負というときに取引にノイズが入ることもあります。

このノイズは意外と厄介なもので、以前に勝てていたから多少の時間の空きでは感覚は鈍らないと思っていればいるほどノイズは大きくなります。そしてタイミングがずれた取引で負けを積み重ねます。

本来は自分が勝ちやすいパターンでの敗北は復調に時間がかかる

本来自分が得意だと思って参戦した相場での敗北は、人によっては大きなメンタルの悪化を生みます。特に長く休んだ後の取引は、全ての感覚が鈍っていると言ってもいいでしょう。そこでの負けを認めずギアをオーバートップに入れれば、想像を絶する結果を生むこともあります。

こういった勝っていたが休む・待つことから生まれる鈍った感覚での負けも時には起こると、少し冷静にならなけらばここでまた『迷い』が生まれます。こういったこともあることを理解して、焦らず感覚の復調を待ち迷いなく注文できる時に取引をする。

人間、常に迷いや戸惑いの中にいます。しかし、注文時に生まれるこの感覚は、あらゆる点でテンポを遅らせ、勝てるものも勝てなくなります。

注文をためらう位なら、取引しない方がいい

このことを実践しつつ

注文を決断したのであれば、迷わず、素早く行動するべき

取引の強弱を上手くつけながら、攻める時には素早い風となり迷いのない注文を実践できる努力を積み重ねたいものです。

スポンサーリンク