FX・BOで相場を攻め続ける状態を風林火山の火にあてはめる

2018年1月15日

FXやバイナリーオプションでの相場の流れはその人の感情とは全く違う形で流れます。自分に合う動き合わない動き、その合うタイミングでも何となく今日はいい調子だったと、まだそこにチャンスがある状態で止めていませんか?その余裕はいつか後悔を生む事に繋がる日もあります。

今日はこれくらいの勝ちでいいか?と余力を残し終わる取引の意外な落とし穴

FXやバイナリーオプションではその日の取引のやめ時は大事です。負けている時もそうですが、ここでは勝っている時の取引のやめ方、そして勝っている時の取引のやめ時を、まだまだ勝てる相場状況が続いていて、体力・精神力的にも余力がある時に『まあ今日はこれくらい』でと安易に終了した後の話です。

勝っている時ならどこで終了しても一緒ではないのか?と思うでしょうが、これはその1日の話では無く年間を通しての考えですが、勝っている時に、

FXをする時間的余裕や気力・体力が低下しているので取引をやめる
相場の動きを考えて、もう自分の取引スタイルでは今日は取れそうもないと思って、その日の取引をやめる

集中力がない・体力がない・時間が無いなどで『取引終了』は無意味な損失をあえて作らない為にもベストです。いくら勝ち続けても、集中力が切れれば無駄な負けも出てきます。そういう事を加味すれば、上記のような判断でやめるのは当然です。

問題は、気力・体力・時間的余裕があり、相場は自分にとってまだ取れそうな動きをしているにも関わらず、『今日はこれくらい勝ったから』『目標に達しているし』等の考えでの終了は、その時は勝っているので、それでいいでしょうが、年間を通した考えで見れば、

来たるべき、『自分にとって不調が続く相場』への想定がまったく出来ていないからこそある余裕

相場は生き物です。動くときはトコトン動いて、動かない時はテコでも動かない、そんな事が往々にしてあります。動いているから良い、動かないから悪いではなく、自分にとって得手・不得手な相場の動きが繰り返されるという事です。兼業でFXをしているなら、適度に自分の良い所で、やめておくのもいいかもしれません。但し、

せっかく取れる確率の高い相場ならば、そこは攻め込み、来たるべく不調時の余力にする

位の気迫で攻め込むべきです。特に問題なのは専業でFXをしている方です。今日は目標に達したからいいと言って休んでしまうと、年間を通した収益を考えた場合、落ち込む時期が来ます。

FXでの停滞期間が来た時に勝てていた時期の中途半端な余裕を後悔する事に繋がる

十分納得した攻め方をしていれば後悔したとて仕方がないとあきらめもつきますが、余力を残して取引していたならば、不調時の後悔は倍増します。後でする後悔は無意味なループを繰り返しメンタルを悪化させるのは、自分自身の経験でよくわかります。

体を壊してまでやりつくすのはどうかとも思いますが、勝てるパターンに入れば多少の無理はするべきです。年間を通してもそういう期間は短いものです。いまゾーンに入ったなら、今年はこれで終わりにしてやるという気迫でアグレッシブに取れるだけ取る姿勢を持たないと、少し余剰資金が出来ても、不調がくれば、すぐにその余剰資金を失うのがFXです

この考えは副業と専業では異なるかもしれません。副業の方は本業もありますし、時間的余裕は専業よりも遙かに少ないし、ある意味勝ち逃げでいいのかもしれませんが、年間通してマイナスになるようならば、やはり不調時の為にゾーンに入れば、多少の無理は必要でしょう。

年間通してプラスならば本業収益もあるので、好きな所でやめればいいし、小難しく考える必要性さえないでしょう。

侵掠如火

侵掠如火:侵略すること火の如く
(いざ侵攻するときは、火のように熾烈に戦う。)

『侵略すること火の如く』をFXの取引に置き換えてみると、勝負相場では、自分を甘やかさず、烈火のごとく戦い、取りつくせるだけ取りつくしてしまう。(勝負相場:自分にとって勝ちパターンの相場状況)侵略しつくしてしまえば全て自分の領土。しかし、その火の手を緩め、中途半端に敵地を残せば、そこからあらぬ反撃も待っているかもしれない。

勝っている状況下で少し自分に合わなくなったり、精神・体力・時間的にしんどくなったりしないのであれば、負ける日や不調時に備え、侵略すること火の如くの精神で、ひたすら取りつくしてしまうという事です。中途半端な侵略は反撃を生む。

いわば不調時の後悔がこのパターンと言った所でしょうか。その後悔はあらゆるメンタル悪化を誘発する可能性もあります。出来る事を全てしていれば、後悔したとて仕方が無いと、来るべき不調時にキッチリと

不調時に待つ・休むを選択する事

にも繋がります。自分に合った相場状況は、人それぞれですが、そうそうツボに入る事は少なく、せっかく相場も自分の取引もマッチしているいわゆる『勝ちモードに入る』状態なら、そのモードの火が消えないうちに攻めるだけ攻めておく事も、取引の強弱をつける意味で大切な事ではないでしょうか。

侵略すること火の如くの勢いで攻め続ける事も時には必要

時には、休息も取らず、『これでもか』と叩きのめす勢いで、攻め取っていく気迫もFXには、必要な時があるという事です。毎日千差万別の相場にすべて合わせれるような天才は一握り…。但し、凡人であっても必ず自分なりの『勝ちモード』は存在します。

勝てるだけ勝って、少々負けてもこたえないメンタルにする為にも、もし勝っているなら、もう一度、相場と自分の取引を見て、まだまだいけると思うなら、納得いくまで攻め込む事も必要です。くれぐれも、ここで述べている事は『勝ちが続いている』事が条件での事です。負けている状況や不調続きの状況で、無理に取引を重ねるという意味ではありませんのでご注意下さい。

後で行う後悔は途方もない不調を呼ぶ事に

私は年に数度、自分なりに大きな収益を生む月がありました。しかし、その後どこかで、不調の波が来ます。それを年ベースで捉えて、その不調時には待つ・休むを実践しようと2014~2016年はある程度、不調時には多少のメンタルのブレは有りましたが、乗り切って来ました。しかし、もっと大きな後悔が2017年に来ました。

それは2016年の口座凍結以降、あらゆる不調となって2017年に襲ってきました。常に無理やりでも前向きに捉えてFXを行うようにしてきましたが、2017年の3月以降は負けてはいないながら地獄の収益停滞を生み、2014年からの専業生活で、もっと出来た事があった事を改めて後悔する事になりました。

2014年以降、PCも1台増やし同時にデイトレードと短期取引をしていました。デイトレードはやはり苦手で大きな収益を生みませんでした。しかし、短期取引ではある程度の収益にはなりました。

この期間で2画面で2口座同時に短期トレードを行い勝てる時は、そうして収益を重ねてみようと決めていましたが、意識が散漫になると大した努力もせず、結果1口座で集中する形で2017年まできました。

しかし、少し努力すれば出来た可能性のある事をしませんでした。まあ、体調面の事もあり意識が散漫にはなっていましたが、収益が倍とは言わずとも少なくなるやり方では無く、その後悔が数年経った2017年にどっと押し寄せてきました。

FXで勝っている時にしなかった努力は後での停滞期間で大きなメンタル悪化を招く

なるべく前向きに物事を捉えようと努力はしますが、元来ネガウィブ思考。収益停滞期間の長さと共にタラレバ・自問自答を繰り返し、結果それがまた負のスパイラルを生み、体調も悪くなり嫌な状況に陥りました。

本来2017年の動きは自分にとって『休む』相場のはずで、しかもそれをアクセクせずに休む期間にしなければならない所です。それが出来なかったのは、数年前に出来ていたであろう努力をしなかった事で、この休みの期間を有益に過ごす事の出来た余剰資金を得られなかった後悔が途方もない悪影響を及ぼしました。後悔先に立たずです。こういった状況に陥らない為にも特に専業であるなら、

出来る努力は出来る時にしておく

自分で書いておきながら、しみじみそう思います。努力を惜しまずしておけば、また、つまずいた時には違った視点が生まれますが、していなければ堂々巡りを繰り返し、無駄な期間を送ります。そうならない為に自分の戒めにおいても、今後はその時が来たら後悔しない攻め方をしていきたい所です。

風林火山FXの風の章まとめ

人にはそれぞれ勝ちやすいパターンが存在します。上から目線での話では無く、勝っている人と負けている人の差は、資金管理能力からくる精査能力の差だけだと思っています。負けている方は気付かないだけで、自分なりの勝てる確率の多い形の検証が足らないだけだと思います。

その自分なりの勝ちやすいパターンは年間を通してみてもそれほど多くないものです。人間の集中力など短い時間しか続きません。ただ、その自分なりのチャンスを無意味に見逃した後の後悔は計り知れません。

これは全ての人には当てはまらないことかもしれません。副業で本業収益の安定している人であれば、チャンスの捉え方も変わります。ただ、私のような中途半端な専業トレーダーは常にこのチャンスを最大限に生かさないと後の後悔は2倍.3倍になってメンタルを蝕みます

100%後悔しないやり方はないのかもしれません。しかし、出来うる努力をしないで無駄にしたチャンスは後悔しか生みません。これは私のようなトレーダーには顕著に表れる話です。

もらった得意な相場のパターンならば攻めつくして休みの糧にする

この攻めと休みの強弱を上手くつけないとメンタルの維持は難しくなります。負けていないのにメンタルの悪化?。そう思うでしょうが、実はFXは特に専業であれば、勝負しての負けよりも、

相場の動きが自分と合わず何も出来ないFXの期間が一番つらい

単純な勝ち負けは自分のミスだと反省し切り替えることも出来ますが、何もできないことは何よりも辛いことです。その期間の鬱積したメンタルは次の勝負の感覚を鈍らせます。そうならないためにも、

出来る事を全てして後悔を少なくして、不調時にメンタルを悪化させずに待つ・休むを選択する

こうするためにも、そこにチャンスがあって余力があるのならば、攻め切る気持ちも必要だと思います。

スポンサーリンク