偏向報道のメディアは間違いを訂正することもできないのか?

偏向報道

ここでは新聞やメディアの度重なる偏向報道について間違いを訂正せず永遠に自分たちが正しいと誤りも認められない件についてと、前日のFXの取引の反省と収益とメンタル状況についての内容になります。

腐れ新聞が「安倍晋三記念小学校」と報じた件を釈明?

記事の内容は森友学園の前理事長の籠池泰典被告への取材経緯を振り返る程度で、素直に裏取りをしない記事を出して悪かったというものではないようです。まあ、日本の新聞のレベルも、国会の野党の質問のレベルも、もはやクズです。

大体、あの紙を見れば安倍晋三記念小学校などと書かれているはずも無く、それを籠池のおっさんは平然と証人喚問で嘘をついたわけです。完全な偽証です。まあ、ウソでも開き直ればあそこまで言い切れる所はある意味凄いです。

しかし、それにつられた新聞、TV、ゴミクズ野党はさもあのおっさんが英雄のように持ち上げ、あのおっさん自体を擁護し1年近くそして今もなおギャーギャー言っています。

疑惑疑惑と騒ぎ立てるのならば、立憲民主党のセクハラ議員にわいせつ議員、そして不倫ガソリーヌ議員の問題はどこへ行ったのか?。またこの間のマスコミ報道も全て裏取りも何もなく、疑惑の1点だけで攻めたてました。

腐れ新聞も裏取りしないのは今にはじまったことでも無く、従軍慰安婦の吉田証言をそのまま垂れ流し、挙句、何年も後にそれを謝罪したところで、すでに日韓の問題は深刻化し、それの火付け役になっている自覚もありません。

サンフランシスコの慰安婦像についても大阪市長が姉妹都市を見直すと言えば、腐れ新聞は姉妹都市関係を解消するのは軽率だなどとの論調を書きたてていますが、その問題の発端は誰なのか考える能力ないアホ共の集まりです。

ハッキリ言って自民党も悪い。こんな森友の話は単純な財務省のチョンボです。自民党が財務省をしかりつければ済んだ話です。それをこんなレベルの低い話を、腐れ半日野党共につけこまれるのが悪い。

あんな嘘八百並べる籠池のおっさんにいいようにあしらわれた財務省が悪いだけで、こんなしょぼい金額に首相が絡んで何をするというのか?。今はマスコミは相撲相撲とネタを変え、一刻は全て安倍叩きに回っていたのがウソのようです。

まあ、相変わらず偏向モーニングや偏向おび、偏向ステーションは相も変わらぬ偏向ですが、もう彼らは頭が安倍叩きにしか働かないボケた連中だし、報道と名の付くレベルでは無く、単なる嫌いな人間のつるし上げ低俗番組としかいいようがありません。

偏向モーニングに至っては、出演者が全てアホ司会者が会長の会社のタレントで固まっている時点で、司会者が忖度されるようになっています。下はアホ司会者が会長の会社のホームページです。

これを忖度と言わず何が忖度か?。こんな連中がハッキリ何か法律にでも触れているなら別ですが、疑惑疑惑と詐欺容疑で逮捕されたおっさんを持ち上げ、証拠も何も出さずにひたすら叩きまわったんだから笑えます。

この件は書き尽くせそうもないので又、一つの記事で書きたいですが、こんな偏向メディアや偏向新聞社はさっさと潰れてほしいものです。

低ボラティリティ相場に逆戻りのドル円

動いていると言えば動いているのでしょうか?。ボラティリティという意味合いでは最悪の相場だったような気がします。朝の時点でNYダウは反発し、すでに上昇しようが下落しようが低ボラティリティ相場は予測がつきました。

朝の時点で、この日の参戦は控えると決まっていたと思います。それほどダラダラと動いたドル円。もはやこんな動きなら見ないほうがマシです。そう決めればもう相場に縛り付けられる必要も無かったので、昨日はほぼ体を休めました。

適度に参戦はしましたが、まあ参加しておくかという感じで、別に今日は収益がなくてもいいと決めていたので、気分がどうこうはありませんが、やはり2日連続でボラティリティが上昇する事の無いドル円の状況にイライラ感は常にあります。

それにしても小バカにしたような動きです。先日の朝の時点まではダラダラ上昇し、株価も安定したので、少しは上昇するかと思えば、半日以上を費やし70銭程度下落し、109円付近をウロウロ…。見てるだけで気分が悪い相場です。

まあ、慣れたと言えば慣れました。もうこんな動きが1年以上続いています。やはり自分が推論的に言っていたレバレッジ10倍の規制を踏み切ってもらって、相当数の参加者を仮想通貨に逃げさせて荒業ボラティリティ上昇などと希望的観測を膨らましてしまいます。

まあ、こんな相場が続くのならば、もはや無視が一番です。そしてやはり収益確保に色んな模索へ時間を費やすべきで、チャートを睨んだとて何も生まれません。参戦しないと決めてもそれはやはり専業トレーダーとしては自ら収益の形を潰すことです。

そういった相場を休むことを含めて、やはりここ1年半の複雑な不安感や自問自答が消えることはありません。

この日の取引は昼寝した後、チャート幅も確認せず、大きく動いたように見えた所で逆張りを失敗し、その後数回程度、勝ったり負けたりして、ほぼ0円近くで終了となりました。まあ、ほぼ相場をパスしたと言ってもいいような取引です。

まあ、今はドル円の動きを見定めて、勝負のタイミングを見計らい、じっと我慢が続きます。あ~しかし、朝から取引しまくっていたあの日が懐かしいと感じる日々です。

ドル円相場とFXの取引結果(2018年2月7日)

FXの取引結果(2018年2月7日)
利用通貨ペア ドル円 通貨数 17万通貨
FX取引口座 JFXJFXを選択した理由 FX基本手法 FX専業3年間で5,000万円稼いだ手法
FX収支金額 +510円 pips損益 +0.3pips
勝率 75.0%  その他
投資モード 風(攻め)・〇 林(待つ)・〇 火(怒涛攻め)・● 山(休む)
FX年間収益 2013年以前2014年2015年2016年2017年
FX月間収益 1月

FX取引のメンタル状況(2018年2月7日)

昨日のドル円の動きには朝の時点で『この動きなら取引は無理だ』と判断がついているのは正しいと思います。だからメンタルが改善するかといえばそれは無理で、休む=収益0であることは決定されるので、収益停滞状態での休みはしんどいものです。

多分、今のドル円はすでに1年間の低ボラを繰り返し、要人発言や為替要因以外のサプライズでもない限り、まともなボラは提供されないと思った方がいいでしょう。専業4年間をドル円のみで乗り切ってきたことが裏目に出ています。

まあ、クロス円は基本ドル円次第の所も大きいので、通貨ペアを変えれば取引出来るかと言えばそう単純でもありません。こういった色々なことが心の中で自問自答を繰り返し、抜け出ることのできない状態が続いています。

今は、急速に何かに変更する気はありませんが、ドル円の停滞が続けばメンタルも日々悪化するのは目に見えるだけに、ドル円次第といったところでしょうか。

FXのメンタル状況 疲れ果てるFX
メンタル状況 疲れ果てるFX
FXの達成感 ☆☆☆☆☆ 取引イライラ度 ★★★★★
冷静なトレード指数 ☆☆☆☆☆ メンタル疲労状況 ★★★★★

スポンサーリンク