口座凍結からFXの収益停滞の先に生まれた広告収入を求めないこのFXブログの本当の目的とは

FXの暗雲の中の晴れ間

2016年のFXの口座凍結から2017年のFXの収益停滞まで長い気持ちの葛藤でまともなFXの取引が出来なかったが、その気持ちが少し晴れて来た。その上でこのFXブログの本当の目的はなになのかについての話です。

FXのメイン口座

FXのメイン口座すら2016年のFXの口座凍結以来まともに決まっていない状況で心の中のモヤモヤが取れない。そんな状況が1年半続いている。その期間で一番自分の現在(2018年3月時点)の状況を招いているのは、

2017年の1年間の自分とは合わなかったドル円相場の動き

そしてもう一つが

FXのメイン口座すら定まらない日々

この2つが主な収益停滞を招いているのはハッキリしている。今回FXブログを行うにあたっては、日々の収益を出さないで月間でまとめて記事にしようと思っていたが、やめてキッチリ毎日0円でも収益を書いていこうと思います。

私がブログでFXの収益を明記して、広告収入などあえて求めずブログのアクセスアップを求め運営するには理由があります

FXブログの自分の本来の目的

以前私は別のFXブログをやっていました。2014年から専業としてやり始めた時からブログは並行して1日の収益と取引回数まで克明に記載してやっていました。それには大きな理由がありました。

FXブログをFX業者に認識してほしかった

1番の理由は自分のメイン口座は当時すごく良かったので喧伝を兼ねてFX業者に、

自分がFXブログをしていることを気付かせて無用な口座凍結をさせないため

そういった意味合いの大きいブログでした。であるからそのFX業者を無用に過大広告したことはありませんでしたし、書いた内容は自分が思うFXの負けない方法で大切だと思うことを素直に綴っていました。しかしFX業者にとって自分のブログの効果がどうだったかはわかりませんが、

もしFX業者が見ていたとすれば収益金額が1円もずれていなかったので誰がこのブログを書いているか分かったはず

そう思います。実際以前のFXブログは2017年6月末まで続けていました。当時ブログの更新頻度が落ちていたのは事実ですが、アクセスは少なくとも1日300~500人はありました。それが多いか少ないかはわかりません。

本来自分のFXブログの目的はブログでFX関連の広告収入などどうでもよくメイン口座のFX業者に自分を認識してもらう手段
FXブログで日々の自分の反省点を書き残し自分のFXに活かしたく、それを読者にも嘘偽りなくブログで表現したかった

元々のFXブログを行った最大の理由は広告収入を得たいわけでは無く、FXの口座凍結防止と自分のFXの反省の記録だったわけです。そしてそれがたまたまなのかそうだったのかはいまだにわかりませんが、2017年6月で当初の自分の意志を忘れ、もうブログはいいかな?と思って、

以前のFXブログを閉鎖した次の月に口座凍結がありました

FXブログが口座凍結の歯止めをしていたという疑問

FXブログが口座凍結の歯止めをしていたかどうかハッキリはわかりません。しかし、あまりに時期が近いことがずっと気にはなっていました。本来使っていたFX口座に関しては専業開始途中から3年間使っていました。その前もサブ的使っていたので計5年使っていました。

5年間での収益は4,500万円程度だったと思います。その期間、その業者には一切不満はありませんでした。スプレッドが広がるなどはありますが、それはどのFX業者も同じで、それ以外は特段不満無く使っていました。

それが2017年7月の突如の口座凍結。しかも手法は5年間、毎日行っていた形。どうも理解に苦しみました。しかし、専業開始からの3年に満たない期間で4,500万円のうちの4,000万円を稼いだことで少なからず目についていたのだろうと思います。

そういった意味でも克明に日々を綴っていて業者名も明記していた以前のFXブログの存在がどういったものだったかと考えれば、

自分のFXブログが口座凍結の歯止めをしていた可能性は捨てきれない

そんな思いもあります。それが正解なのかはわかりませんが…。以前のFXブログも独自ドメインを取り年間5,000円程を支払い、FXブログを運営していました。ただ入金の仕方がややこしく、もういいかなと思い、入金しないことでブログは消えました。

以前のFXブログでは、自分が使っていたFX業者の広告を出し、実際、その広告収益は数十万円ありました。ということは少なくとも数十件はそのFX業者を紹介はしていた状態でした。

無料ブログならば、そのまま残っていたのでしょうが、中途半端に独自ドメインを取ったことで、更新しなければいきなりブログは見れなくなります。これは自分のせいです。しかし、この時期と口座凍結が近すぎるのが今も引っかかっています。

FXの収益停滞は自分が招いている

FXの収益停滞は別に口座凍結だけが招いたものではありません。引き金になったのは確かです。ようは、

口座凍結以降に次もなるのではないかという思いが自分の気持ちを支配しすぎた

そして、どうしてもまともに自分の取引がしやすいFX口座が見つからなかったことと、ドル円相場がすでに自分の不得手な動きの周期に入っていたことが主な理由です。そして、

口座凍結以降にFXのメイン口座を決めれなかった

当時50万通貨程度で取引していたものを今では20万通貨以下になっているのが2018年3月時点の現状です。そこには無用に取引出来るFX業者が減ることへの恐怖心的なものが入ってしまっているのだと思います。

しかし、もうやめました。今の手法が通用しないのであれば、通用する所までトコトンやりたいと思います。それと並行する形でデイトレードや他のことも考えていきたいですが、まず稼げる形である自分の手法で焼野原になるまでやってみようと思います。

その過程で日々の取引報告は1円単位で書いていこうと思います。2018年3月現在は、以前のFX専業期間に比べ収益は停滞しています。しかし、このブログでは例え0円でもマイナスでも全て克明に綴りたいと思います。そして、

FXのメイン口座もしっかり表記していきたい

これは別にブログで無用にFX業者をいいと謳って収益を生みたい気持ちなど毛頭ありません。しかし、

自分がメイン口座とするFX業者の広告は収益報告には表示します

この広告表示はFX業者への意味合いと捉えて下さい。そして今後、自分のFX業者のいい点、悪い点も克明に綴ります。その結果が口座凍結ならそれでもいいと割り切れました。自分の収益停滞と取引がシックリこないのは、完全に自分の心が弱っていたのが原因です。

FXブログで広告収入が求めたいのでは無く、FX業者のあやふやな約款で好きなように口座凍結するならば個人でも主張できる媒体は自分で作るべきだと思った

これがこのブログの本当の目的です。よく私は広告収入を求めていないとブログで書いていますが、理由はこういう内容です。本当にこのブログで収益などいらないので、自分が使っているFX業者以外の広告も一切なくすことも検討しています。

2018年時点でのFXのメイン口座は以下の記事を参考下さい。基本的に全てがいいと言う気持ちはありません。自分が思う良い点やもう少し改善してほしい点などは書いています。しかし、

JFXは2018年3月時点でスキャルピングを否定せず、OKだと言う数少ないFX業者業者です

FX業者が口座凍結の理由を言わないことを顧客が忖度する必要があるのか

スキャルピングが口座凍結の可能性を高めることは理解はしています。それはFX業者が注文をカバーしきれず、自社でそのスキャルピング取引の勝った金額を支払うからだという事も理解はしています。

それはFX業者が注文を呑んでいるということで、それも小さいスプレッドを提供するから必然的に顧客が負ければ全て総取り、顧客が勝てば泣く泣く支払うという構図なのも理解はしています。

今更、FX業者が注文を呑むことを否定的に言う気もありません。それで企業努力の結果スプレッドを小さくして提供してくれていると思えば納得は出来ます。ただ、

FXの口座凍結についての約款内容があやふやすぎることに疑問は多々あります

スキャルピングは違法なのかと言えば、これは書籍にも載っている手法の一つで、何も自動注文でも無ければ、1分間に100回取引するという高頻度取引でもありません。短い時間の取引はカバーが出来ないならば、時間を決めればいいだけです。

FX業者の約款の禁止事項には実にあやふやな表現が多く。短時間の注文を繰り返す行為などそれが何秒なのか明記はしていません。そしてキャンペーンと銘打ってキャッシュバックを設定して取引をあおっています

取引は沢山して欲しい。しかも負ければベスト、スキャルピングで勝つ人は邪魔。これで納得出来るものでしょうか?。今まではFX業者の意向も汲んで通貨数は50万通貨までで止めていました。

しかし、なぜ顧客がそういうあやふやな約款内容やFX業者の裏事情まで忖度して取引せねばならないのか?また口座凍結に当たる理由が本当にあるならば、なぜ稼いだ金額を出金できるのか?

私が口座凍結を受けた時には口座に1000万円近い金額がありました。口座凍結を受けるということは、FX業者の約款のどこかに抵触しているわけで、本来、こちらが違反や違法をしているならば返金する必要もありません。

しかし、口座凍結理由は言わない。そして返金はする。それはもちろんお金は私も返してほしいです。しかし、何がダメなのかも言えない内容で顧客を追い出すことがまかり通るのはいまだに理解は出来ません。

これでは稼げばFX会社は顧客を追い出すと広められてもおかしくないでしょう。

FX業者のスキャルピングの解釈があやふやすぎる

私が思いつく限り、注文は全て成行でやっていたし、自動売買ソフトなど使ってもいませんし、そんなもの使いこなせもしません。ただただマウスを持ってクリックしていただけです。チャートもその会社のものだけ見ていたし、口座凍結に思い当たるのはスキャルピング以外ありません。

ではそのスキャルピングの定義はと言えば、短時間の高頻度取引という曖昧な表現。これが嫌だったので、その口座では直接電話でこういった取引の定義はと聞きました。答えは、

スキャルピングで口座凍結にすることはなく、不正操作や自動売買ソフトを利用した高頻度取引はダメとの見解でした

もうひとつ細かい点を付け加えれば、

手動で最短数秒で取引してもそれが口座凍結の理由にはなりませんとの回答でした

そうした中で利用していたFXメイン口座の凍結。自分としては思い当たるのは短時間取引だけです。では口座凍結後はと言えば、『凍結理由は言えない』の一点張り。元々きちんと名前も告げ、話を聞いていて数年間行った状態でいきなりシャットアウト。

これでは、FX業者がダメと言えば顧客は全て受け入れることになります。数時間押し問答を繰り広げましたが、納得せぬまま引き下がりました。しかし、なぜ顧客が違法性の無い取引で泣き寝入りするのかは理解の範疇を超えています。

しかし、ここで受けたダメージは大きかったと言わざるを得ません。そして今後も起こり得るわけです。その時、泣き寝入るのか?

自分が使うFX口座は全てをオープンに

今後、自分が使う口座は全ての収益を克明に綴ります。良いことも悪いことも綴ります。それで

FX業者から口座凍結を受けるのであれば今後はそれも実名で綴りますし、悪意のあるシステム操作なども綴ります。可能であれば動画で残すことも検討します

そのかわり、

通貨数を17~20万通貨で固定し、ある程度FX業者の機嫌を伺う形で忖度させてもらいます。自分の使っているFX業者のみ広告を表示します。これは見る方の判断にまかせます。広告であることが嫌ならば検索窓に直接入力して下さい

この状態でトコトン相場に応じて取引する形に戻したいと思います。そして、今後は泣き寝入りしないためにも、

このFXブログが強い媒体になり、少なからず影響力がある形になることがこのブログの目的で、約款に口座凍結しても理由は言えないと書いていますが、それならそれで、こちらもそういうことがあるならば、キッチリと意見を出せる形を整えておくというのが、このブログが広告収入を望まずアクセスだけは得たいと言う理由です。

私が広告収入は特段望まず、FXブログを行う理由はこの記事で推察して下さい。ブログの内容は私の日々のFX取引やメンタル的な要因やFXの負けない方法を今後も綴りたいと思います。間違っても、

自分の使っていないFX口座を無用に持ち上げた喧伝はしませんし、使っているFX口座についてもべた褒めする気はありません。

そして、このブログを広告だらけにする気持ちもありません。ブログを書く能力は色々培って、このブログは特段収益を求めず、収益は他のブログで求めて行きたいと思います。

今後のこのFXブログの運営

今後のこのブログの運営は以下のようにしていきたいと思います

今後のこのFXブログの運営
  • 1日の収益を1円単位で報告(FX業者にこのブログが私と認識してもらうため)
  • 取引内容はその日のメンタルや主な取引ポイントなど(出来る範囲で)
  • 取引に使うFX業者を広告を日々の取引報告に表示
  • FX業者の良し悪しを包み隠さず記載
  • FX業者の悪意あるシステム操作などは克明に記載
  • デイトレードに関しては自分が模索中なので報告に含めません
  • FXの収益報告にプラスする形で関心事やその他の事も書きたいと考えています

以上のような形で日々の収益報告をしていきたいと思います。但し、FXの収支報告は上記の理由で行いますが、実際の取引履歴などは添付はしません。これに関しては

自分のFXの収支を人に見せるのが目的ではなくFX業者がこのブログを認識して取引が私であるとわかることが目的

ですので、申し訳ありませんがそこまでは添付しませんし、それについては以下でその理由も語っていますのでご参考下さい。

私のこのFXブログは勝ち自慢がしたいというわけではない

ここまでで、当ブログの運営趣旨は述べさせてもらいましたが、FXの収支を載せているのは勝ち自慢ではありません。そしてFXの口座凍結時の金額を載せている理由とそのFXの業者名を書かない理由はあります。

まず私個人が実名を出していない状態で、FX業者のみを悪く言うのはどうかと思う点と、口座凍結時の金額を載せることで、それを業者が見れば、誰かは気が付くと思います。こういう形を取る人もいると理解して欲しいということです。

別に高尚な気持ちで全ての人が口座凍結を受けないようにとか、スキャルピングが全て正しいとか言っているのではありません。しかし、口座凍結したら顧客が全てのんでハイサヨナラと思うならば、そうでない人もいると言う認識をして欲しいという事です。

ですので、ここでFX専業トレーダーとして始めてからの収支を書いている理由は、『私がFXで勝ったから見てほしい』などという理由ではないことだけは言っておきます。

FXブログに時間を使い収益を求めずに今後のFXの取引にも活かせる媒体としたい

そう言った意味でのFXブログの運営であって、上から目線でFXの勝ち方だとか、FXの負けている人への勝ち自慢だとかそういうブログの趣旨ではありません。だからこのFXブログの内容は全て本当だと取って頂く必要もありません。

私は自分がFXの全てを理解しているとも思っていないし、自分が勝ち組だとも思っていませんし、FXで負けている人の役に立ちたいなどという高尚な気持ちがあるわけでもありません。ただありのまま自分が思うことを書くだけです。

その内容が万人に受け入れられるとも思いません。FXに答えなど無いと思っています。ただ、自分が行ったことを克明に綴っていれば、自分なりに反省点も見える意味ではブログの意味はあります。

そう言った上で、FXブログと言う競合サイトだらけのテーマの中で、どの程度自分のブログがアクセスアップして、どのような媒体を作れるのかには内容も含め、色々模索はしたい所です。

FXブログの運営方針まとめ

この記事の内容は読者の方へというよりもFX業者へと思って頂いたほうがいいかもしれません。2016年の口座凍結と2017年の収益停滞を振り返りそして2018年3月時点でも、ずっと私の取引は『迷い』があったように思います。

使える口座が無くなる恐怖や自分の手法の完全否定。他の投資を取り入れることもしていこうと思いますが、やはり自分が出来ることをまずやりきりたいと思います。以前のブログではスキャルピングというワードを書きませんでした。

それはやはり口座凍結が嫌だから自分の取引手法は短期トレードだと逃げの思考でそういう表現をしていたのでしょう。読者からすれば中身は一緒ですが私の中身の思いは全く違っていたと思います。

今後は徹底的に自分の取引が出来る口座を使い切ります。その結果、どうしても自分の手法が無理だとなった時までに今並行しているデイトレードを形にする努力と、ブログやバイナリーオプションも少しずつ出来る範囲のことをしていこうと思います。

今後は利用する全てのFX会社でおこりうる、スプレッドの開きなど想定する範囲の小さい内容では無く、あからさまな操作や意味の分からない口座凍結など悪意と受けるものは全て実名で明記します。内容も克明に綴ります。

何か誰への宣言なのかわからない記事の内容でもうしわけありませんが、自分の気持ちの闇が少し晴れて来たので素直な気持ちを綴ってみました。

今後ともこのブログ共々宜しくお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ ☜今後のブログ運営と更新の励みに応援お願いします!

スポンサーリンク