WordPressでブログ開始時にアクセス解析は見ないほうがいい理由

ブログを始めれば、誰でもどれ位アクセスがあるのか気になります。ここではブログ開設当初にアクセスアップばかりに集中する事や、アクセス解析を気にしないほうがいい点など私個人の見解です。

ブログ開設当初にアクセスアップを期待するのはやめるべき

ブログを開設すれば誰しも記事を書き、すぐにアクセスを望みたくなるものですが、それほど簡単なものではありません。以前、1日8,000PV程度のブログを作った事があります。今は色んな理由で閉鎖しましたが、その時はFC2の無料ブログでした。

開設当初は0では無いですが、10人20人程度の日々が1ヶ月近く続いきました。その当時は、『ブログ開設初期にすぐにアクセスアップが可能』と言うような記事を読みあさりました。内容は間違っていません。ただ、そう言った中身を実践して効果が出るのが、『今すぐ』ではない事に気が付きました。

アクセスアップ・SEO対策などで言われている事を要約すると以下のような事が多いです。

  • 見る人が興味を持てるテーマのブログタイトルであるとか記事の内容
  • 記事タイトルを工夫する
  • 適切なキーワードを選んで使う
  • FacebookやTwitter等のSNSで拡散する
  • 記事の更新頻度を増やす
  • ブログ全体や記事構成を見やすくする
  • 検索エンジンに登録する
  • PINGの送信先を設定しておく
  • ブログランキングに登録する
  • 内部リンクを充実させる
  • はてなブックマークの「新着エントリー」に選ばれる
  • スマートフォンへの対応
  • 関連・人気記事などを表示する
  • アクセス解析ツール(Google Analytics)で戦略を練る

等々、これは全て正解です。批判する気などさらさら無く、やらないよりやる方が断然にいいのは事実です。但し、『今すぐ』は諦めるべきです。その効果が表れる期間は開設当初1週間や2週間で望むのは、明らかに自分自身でブログを続けていく事を疲れさせます。

私もはじめてブログをした時、初期では全く人が訪問しない状況が続きました。そうしているうちに記事を書くより、アクセスアップばかりに気を取られ、あれもこれもしてみましたが特段の変化は無く、疲れ果てた事を覚えています。そして実際すぐ辞めました。

その後、別でブログを始め、出来る事を先に済ませて、ひたすら記事ばかり作っていると、ふとした拍子にアクセス解析を見ると、初めて作ったブログを大きく超えていました。時事的な内容が良かった事もあるでしょうが、記事を書くことに集中したほうが結果は良かったです。

ブログの中身が整わない状況でアクセスを望んでも

開設当初は誰でも意気込みはすごいと思います。さあ、『凄い記事を書いたので凄いアクセスが来る』と思う人も中にはいるでしょうが、2・3記事なら特に無理です。仮にその記事だけはアクセスがあったとしても、少ない記事ではブログ内部でクロールする事はありません。

結局、短期的なアクセスは来ても数日たてば、また、1日10・20人に戻る可能性が大きいです。下手をするとその時点でリピーターを無くす可能性もあります。喧伝しても内容が薄い、記事のボリュームが無いと、滞在時間も短くあっという間のアクセスだけで続きません。

出来るSEO・アクセスアップ対策を初期にして記事に集中

この記事の最初に出来るアクセスアップの方法も書きましたが、まず

最初に出来るSEO・アクセスアップ対策はしておく

そのほうが、後は楽です。1回設定しておけば済む内容に関しては初期で済ませておく。後は、記事やカスタマイズに時間をかけ、緩やかに記事が増えて行けば、段々と検索での訪問が来ます。問題はそこからと言った方がいいと思います。

まずはブログ開設当初で、出来る対策を列記し、さっさと済ませて記事に集中する形の方が近道です。

  • WordPressならば、パーマリンクの設定やテーマ(テンプレート)やプラグインを決定
  • Googleサーチコンソールの登録
  • Googleサイトマップへ登録
  • 初期の少しのアクセスと記事更新を知らせるPINGの設定が出来るランキングサイトの登録
  • 自分がやっているSNSとの連携
  • アクセス解析の導入

この程度だけやっていれば、アクセスを期待できそうなワードで記事を書き進めた方が、長いスパンでのアクセスアップに繋がる可能性が大きいと思います。

アクセス解析の導入は必要だがブログ当初は気にしない

ブログ開設当初にアクセス解析を導入しておく事はお勧めします。但し、見る頻度は抑えるべきです。そればかり気になってアクセス・アクセスと常にそちらに意識が行きがちになります。導入はすべきですが、当初は数週間に1度見る程度で十分です。

まだ、中身の整っていない段階では、ブログをすすめる内に気づく点もあり、色々変化して行きます。修正したりカスタマイズしたりする中で、記事を増やして行く段階です。そこでアクセスに捉われすぎると、概ねやる気が無くなります。

WordPressでブログを始めると特にアクセスアップに時間がかかる

WordPressでブログを始めると特に初期段階はアクセスがありません。それは、

  • 無料ブログを運営している所では、記事を書けば新着情報としてアップされる所もあり、記事が目につき少ないなりでもアクセスが見込める
  • 無料ブログ内のサービスが充実しており、ブロガー同士の繋がりも容易で、互いに閲覧しあうような形でアクセスを見込める

無料ブログの方がアクセスアップし易いと言っているのでは無く、初期段階でWordPressでブログを始める時よりもアクセスがあるという事です。私も色んな無料ブログでブログをしましたが、最初の記事でも1日20人位は平均的にありました。

WordPressでブログを始めると特段、無料ブログのような繋がりはありません。初期段階ではSNSを利用しなければ陸の孤島状態です。しかし、それは時間がかかるだけで、最終形態ではありません。最初の時点の優劣では無料ブログの方が楽にアクセスを呼び込めるだけです。

WordPressだから全然アクセスが無いと言うのも軽率です。うさぎと亀の亀の状態だと思えばいいだけです。

アクセス解析は検索訪問が増えつつある段階ですればいい

検索からの訪問者が増えれば、アクセス解析はその時点で十分活用していけばいいです。

  • どのページにどの検索ワードで人が来ているのか
  • その記事にもっと滞在してもらえる内容を加えたり、他のページをさりげなく紹介してみたりする

そういう手を加える事で段々とアクセスの循環がはじまります。滞在時間やPV等も照らし合わせていけば、検索で訪問しても面白かったのか面白くないのかも検討できます。そういう事を繰り返せば、段々と次の記事にも活きてきます。


私も最初というか数度は、アクセスは無いし辞めようと思ってブログを辞めました。しかし、その感覚が早すぎる事に、1度大きなアクセスを生むブログを作った時に感じました。最低でも2・3ヶ月は記事だけ書いていた方が良い事にも気づきました。

もちろん内容は重要で、芸能人なら別ですが、2・3行の内容の薄い記事では難しいです。やっていても損のない事は最初にやって、出来る事は途中でやりつつ、ある程度ボリュームを増やすと、ちょっとずつ効果は出て来る事に気が付きました。

しかし、そこまでが感覚的にとても長く感じます。途中でアクセスを気にしだすと、無駄な事で時間を費やす事も多くありました。少なからず50記事や100記事まで継続しつつ、急がず慌てずじっくりとやって行かないと、長続きしないのであまりアクセスを気にしすぎず、所々で見るくらいの方が、長くブログを続けられると思います。

スポンサーリンク