折角105円台に突入したドル円なのに見るも無残な低ボラティリティ相場に

2018年2月19日

ドル円チャート

ここでは105.55近辺まで下落した昨日のドル円のその後のボラティリティと、前日のFXの取引についての感想とFXの収益とFXのメンタル状況についての内容になります。

来週からのドル円の動きは今後を左右する

朝から106円割れをしそうなドル円でしたが、何度も106.02~05で跳ね返され、とういうか短期筋の細かい仕掛けでただただ、ちょこまか動いていたにすぎないような感じで、結局は昼までは106円を割れませんでした。

割れば、ある程度下落するとは思っていたので、106円前半に居続けるドル円を見守るしか出来ず、昼までの取引は0でした。これは後で見れば大正解だったと思います。しかし、一度は106円を割れても105.80近辺までが最大だろうと思っていたのが甘かったです。

13:00時に106円割れを狙いに行ったドル円ですが、まさかの反動無しで一気に105.55近辺まで下落。一回は反動があるだろうと逆張りで105.90近辺で入ったのが失敗。一気に-1.5万円になりマイナススタートに。

しかし、その後は冷静に対応し、すぐに0円に戻し105.55近辺まで下落した段階で+2.3万円まで取り返しました。今考えても106円の攻防に時間がかかり過ぎていたので、一気に下落する可能性は頭に入れておくべきでした。

本来、この節目に関しては1度目の下落から反発があるのを見越して、その後2度目に節目をトライする状況で売りを仕掛け、後は動きに合わせて売り買いを繰り返すのが、私がよくやる節目の取引ですが、1撃で50銭程度下落する想定は全くありませんでした。

まあ、初動のミスを慌てることなく結果105.75~105.55の動きだけで25pips程度取れているので、出遅れた割には、まあまあ冷静に対応できたと思います。しかし、その後のドル円の動きは酷いものでした。

105.50を一度は目指すと思いましたが、ダラダラ惰性の買戻しで結局106円台前半まで戻す嫌な流れでした。上昇相場を安易にパスしたのではなく、余りに動きが小さかったので、結局13時の下落だけ取引した形になりました。

14時以降のドル円に関してはほとんど無視と言ってもいいでしょう。もはやあの動きで参戦すると自分には負ける確率が大きく、無理に参戦しいた所で結果が見えているので取引をしなかったのも以前の形だと思います。

それにしても105.50近辺まで下落したのに、その後の相場がこれほど低俗な動きに終始するのも想定外でした。この流れが来週のドル円相場に響かなければいいですが、下手をするとまた低ボラティリティ相場に戻ります。

これはあくまで個人的主観ですが私は上昇相場に大きなボラティリティ相場は存在しないと思っています。

感覚的な話ですが、下落と上昇では動きに倍ほど違いがあると思います。これもあくまで推論ですが、FXの参加者の6~7割は日本人だと思います。しかもその日本人の投資傾向は買いを持つ状況が多いと思います。

勝手な推論ですが、こういったことから上昇相場には大きな仕掛け的な動きは無く、あっても節目狙い程度ですが、下落はその反面、買って放置している人の投げが結構多いと思います。下落は悲観的見解が多く、上昇相場は安定的だという見解が多いと思います。

そう言った意味でも、上昇相場自体にボラティリティの上昇が少ないのでは無いかと勝手に思っています。下落相場では売り買いどちらも出来るのですが、上昇相場は買っても短期的取引では旨みがありません。

だからずっと下落しておけと言うのは勝手な希望的観測ですが、冷静に上昇の動きを見ればボラティリティは相当低いです。だからそうしても上昇相場が好きにはなれません。まああくまで推論の思い込みですが。

安定的なボラティリティは一方的な動きの中に存在するケースがほとんどです。そういう意味では来週からのドル円には嫌な感じがするので、来週はあまり収益を求めすぎるのは危険かもしれないと思います。

ドル円相場とFXの取引結果(2018年2月16日)

FXの取引結果(2018年2月16日)
利用通貨ペア ドル円 通貨数 17万通貨
FX取引口座 JFXJFXを選択した理由 FX基本手法 FX専業3年間で5,000万円稼いだ手法
FX収支金額 +24,310円 pips損益 +14.3pips
勝率 75.0%  その他
投資モード 風(攻め)・〇 林(待つ)・● 火(怒涛攻め)・● 山(休む)
FX年間収益 2013年以前2014年2015年2016年2017年
FX月間収益 1月

FX取引のメンタル状況(2018年2月16日)

ドル円の106円割れから失敗で入った割には、冷静に対応しているので比較的昨日は良かったと思うが、その後のドル円の動きには嫌悪感しかない。動く相場で負けるよりも何もできない状況が続く方が辛い。

そんな参戦出来ない相場が昼以降続き、結局参戦したのは13時台と他の1回だけ。1年3か月ぶりの安値水準まで攻めた相場がこのテイタラク。そう言った意味でやはり疲れ果てる。今週は少ないレベルだが久しぶりに+15万円オーバー。

しかし、これだけの動きでこれしか取れない現状がやはりメンタルにのしかかる。動かない相場になればと考えれば悪化は簡単。そこを踏まえて今年中に最低でもデイトレードの形を統一したいが、どうしても損切りレベルの固定が出来ない。

ある程度統一するのだが、一切増えない状況なだけにこちらのほうのメンタルもキツイ。元来1つのことに集中して力を発揮するタイプだけにハードルが高い。まあ、また考えすぎると悪化するので週末は少しメンタルを休ませてみたいと思います。

FXのメンタル状況 疲れ果てるFX
メンタル状況 疲れ果てるFX
FXの達成感 ★☆☆☆☆ 取引イライラ度 ★★★☆☆
冷静なトレード指数 ★★★☆☆ メンタル疲労状況 ★★★★☆

スポンサーリンク